貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

おおかみこどもの雨と雪
監督:細田守
出演:宮崎あおい/大沢たかお/黒木華
2012年/日/117分/☆☆☆

批評 今はいつ?そこはどこ?

 おおかみおとこと恋に落ち、子供を生み、しかしおおかみ男は死に、一人で子を育てねばならなくなった母の物語。
 ここで描かれる、ある種の「理想の母親」像についての考察はさておこう。
 ジェンダー論は私の得意とする所ではない。

 映画全体を通してみた場合、大きな欠点たりているのは唯一、作品における「今」の不在だ。

 作品は、人間女性とおおかみ男の間に生まれた二人の子供のうち、先に生まれた女の子のナレーションで進む。
 全編を、彼女による過去完了系のナレーションが貫いている。

 が、最後まで見ても、このナレーションが「いつ」「どこで」「どのような」といった状況のものなのかがわからない。
 作品の時間列は、長女が通学のために家を出た所で終わってしまっているので、では彼女は、いつどうやって母からこの話を聞いたのかもわからない。
 これが、娘が「母になる」あるいは「妻になる」というエピローグで閉じれば、物語が和になってもっと良かっただろうなぁと思うのだが。
 いろいろともったいない。

 ところで、ジブリ作品もだけど、農村地帯で「すごい自然」とか言うのって都会の人間の発想だよねぇ。
 あの緑は人の手が入ることによって初めて生み出されるものだ。
 クライマックスで描かれる山も「自然にまかされている山じゃないなぁ」と思ってしまって、若干醒めるな。

戻る