貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

009 RE:CYBORG
監督:神山健治
出演:宮野真守/小野大輔/斎藤千和
2012年/日/103分/☆☆

批評 炸裂、押井ズム

 長い台詞で薀蓄を語る。
 宗教的要素をたぶんに入れ込む。
 まさに、押井ズムっ!!

 監督は神山健治だが、スタッフロールに名を連ねる押井守の影響を感じずにはいられない仕上がり。
 そして、問いたい。


 石ノ森章太郎「サイボーグ 009」を、作りたくて作ったのか?と。


 9人のサイボーグ戦士、それぞれの見せ場を作ることが出来ていないこの作品は、多人数ヒーロー作品としての、最低限のハードルをクリアできていないとしか思えない。
 後半登場しなくなる 007 はまだ良い。
 少なくとも前半、その能力を使っての見せ場がある。
 悲劇的なのは 008。
 登場シーンの短さもさることながら、サイボーグ戦士としての活動は、一切、無い。
 考古学者としての見せ場も若干あるが、戦闘力重視の 004 に「結論を急ぎすぎている」などと言われる有様。

 えぇ〜。

 登場人物の性格豹変も過激だ。
 ムードメーカーだった 007 はダンディなシリアスキャラに変貌、フランソワーズはお色気キャラに、そこまではまだ許せる範囲かもしれない。
 が、元ギャングだったはずの 002 が「わがぁっ!!いだいなるぅっ!!がっしゅうこくがぁっ!!」と話し始めるにいたり、頭が痛くなってくる。

 007 と 008 が早々といなくなってしまう関係上、全員そろって、ひとつの戦いを切り抜けるつくりにもなっていない。

 ギルモア博士に作戦を尋ねながら、まったくその指示に従わない 009 の支離滅裂さ、こうなればきわめて些細な問題であるといえよう。

 数多くの問題の末に思うのは、これ、別に「サイボーグ009」じゃなくて良いよね?という事だ。
 逆に言えば、そう観客に感じさせた時点で、駄目だとも言えよう。
 なんだかなー。

戻る