貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

オーケストラ!
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
出演:アレクセイ・グシュコフ/メラニー・ロラン/フランソワ・ベルレアン
2009年/仏/124分/関美冬/☆☆☆☆

批評 曲を知らない人にどれだけ伝わるのか?

 ソ連時代の圧政により楽団を追われた天才指揮者。30年後、ボリショイ交響楽団の清掃員になった彼は、偶然手にしたFAXを手に、同じく楽団を追われた演奏家達を集めて、パリ公演に挑む。

 コミカルに進む前半と、その間に用意された数々の伏線。
 これぞ騙しのテクニック!という見事な伏線を張り巡らし、レストランのシーンから演奏シーンへの流れで、観客を見事に翻弄する。
 ひもじい暮らしをしていた人々が、自由を手にして遊びまくってしまう下りを使うなど、シリアスな部分とコミカルな部分の対比も見事だ。
 コミカル演出を入れ込むことで、長年楽器を演奏していなかった人が奇跡を起こす事に、ファンタジーとして「有りだな」と思わせるようになっている。


 この構成は、本当にすごい。


 チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を知らない人に、背景となる“狂気”がどれほど分かるのか?という疑問はあるし、なぜバイオリニストが“チャイコフスキーだけは弾かない”のか分からない (字幕翻訳のミスである可能性はあるが、翻訳上、バイオリニストは自発的に「弾かない」としている。育ての親がそうしたからではない) 等、気になる部分が無いではないが、存分に楽しめる映画であった。

戻る