貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

それでもボクはやってない
監督:周防正行
出演:加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史
2007年/日/143分/☆☆☆☆☆

批評 秀逸なる邦画に出会えたっ!

 痴漢現行犯で逮捕された男は、無罪を主張した。
 上映時間147分におよぶ長編映画にして、コメディを得意とする周防監督とは思えぬ無骨な仕上がりになっている。

 犯人の発言には、一切耳を貸さない警察と検察。
 耳を傾ける裁判官は地方に飛ばされ、耳を貸す裁判官だけが裁判所に残る。

 作品の根底にあるのは、日本の裁判に対する激しい怒りだろう。
 だが、悲壮感を得意のユーモアで包み込み、その怒りさえも娯楽に仕立て上げてしまう手法はさすがだ。

 その上、作品を見ているだけでは冤罪を主張する主人公が、本当に冤罪なのかどうか分からないと来ている。
 日本でも陪審員制導入が決定しているが、この映画では、早くも観客が考え、判断することを試される事になる。

 色々な意味で考えさせられる映画であり、娯楽映画であり、優れた社会批判映画である。
 素晴らしい映画であった。

戻る