貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
監督:三池崇史
出演:伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介
2007年/日/121分/☆☆☆☆

批評 笑う!?怒る!?

 二つのヤクザが激突する田舎の村、根畑 (ネバダ)。
 そこに現れた流しの凄腕ガンマン。

 などと書く必要は無かろう。
 たいていの映画ファンには、西部劇を模倣した黒澤明「用心棒」を模倣した、ボブ・ロバートソン「荒野の用心棒」から始まるマカロニウェスタンを、現代日本翻訳した映画であり、それらのパターンをぶち込めるだけぶち込んだ上に、正気を失わせたような内容だと言えば分かる

 そう、「細かいことは気にするな、そのシーンが面白ければそれで良し」のノリだ。
 それが許せる人にとってはとてつもなく面白く、しかし許せない人には「殺意を抱くほど」につまらない映画だと言えるだろう。

 私は大爆笑したけどね。
 細かい笑いがやたらと入っているのも良い。
 こういう日本映画が出てくるのは、ちょっと予想していなかったなぁ。

戻る