貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

憑神
監督:降旗康男
出演:妻夫木聡/夏木マリ/佐々木蔵之介
2007年/日/107分/☆☆

批評 映画の神には、憑かれていなかったな

 貧乏神、疫病神、死に神に順番に取り憑かれる下級侍の災難物語。
 「部分ごとではそれなりに面白いのだが、全体ではさして面白くない」という駄目コメディ映画の典型になってしまった映画のように思う。

 その原因も、まったく複雑なものではない。
 前半のコメディ色が薄れて行き、最後はほぼシリアス一色になってしまう事が、作品としての統一感をなくしてしまっているだけだ。

 作品ギャップをうまく取り込んで一つの流れを生み出せればそれでも良かったのだろうが、残念ながらそうはなっていない。

 カメラも演出も役者もがんばっているが、この脚本ではその頑張りも活かされなかった。

戻る