貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

椿三十郎
監督:森田芳光
出演:織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ
2007/日/119分/☆☆

批評 傑作が・・・

 黒澤明の傑作「椿三十郎」を再映画化。

 汚職まみれの藩上層部に危なっかしく立ち向かおうとする若侍と、それを手伝う豪傑、椿三十郎の物語という大枠はおろか、基本的にオリジナル版の脚本をそのまま流用して作られている。
 カメラワーク、編集もいたるところで模倣。

 目指すのは、そのまんまのリメイクだったのだろうが、いかんせん、今、そのままやるのは無理があった。

 まず、台詞回しが固い。
 決起盛んで考えの浅い若者は、いまみると大分しっかりした話し方をしてしまっているし、それに比例して、ちょっと間抜けな悪党三人組が、ただの馬鹿にしか見えない部分が出てきてしまっている。
 椿三十郎のべらんめぇ調も、今にしては古い。豪傑の言葉にはとても聞こえない上、やる気がすべてに先行する織田裕二は、台詞を消化することさえできていない。
 とはいえ、違和感がもっとも炸裂しているのは鈴木杏だろう。おっとりと、ゆっくりしゃべるのではなく、ただ単語の間、台詞の間が長いだけ。
 読んでいるようにしか聞こえませんぜ?

 カメラワークも、アングルは真似しているものの、なぜかパンフォーカスを使っておらず、妙に視界深度が浅い。
 編集はほぼお手本通りだが、ときどきまのびするのはいただけない。
 それが一番酷く出たのが最後の決闘シーンだというのは、悪夢のようだといえるだろう。

 ボロッカスに書いたが、目も充てられないほど酷い出来というわけではない。
 ただ、オリジナルにはあらゆる意味で及ばないというだけだ。
 それを立証するように、どうも初見の人にはそれなりに面白いようだ。
 うしろの席に坐っていた小学生らしき男の子二人。父親と一緒に来ていて、バッカンバッカン笑っていたからな。

戻る