貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

クィーン
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:ヘレン・ミレン/マイケル・シーン/ジェームズ・クロムウェル
2006年/英・仏・伊/104分/戸田奈津子/☆☆☆☆

批評 冒頭の、女王の立場説明シーンから最後まで一気に行った

 国民と王室を繋ごうとする英国政府、引いても就任したてのトニー・ブレア首相と、人間的な感情と伝統を守ろうとする王女の感情の間で揺れ動く「クィーン」エリザベス二世の物語。

 歴史的な事件には、複数の視点が存在する。
 それは、どれが正解でも、どれが間違っているのでもない。
 ただ、それだけの解釈があるのだと思う。

 この映画は、ダイアナ元英国王妃死亡事故に始まる英国王室の混乱を、徹底的に王女の目線で描いたものだ。

 そこには、ささやかれる陰謀論は無い。
 王室を非難する国民の声も、マスコミの向こうに過ぎない。
 スペンサー家の動向も、アルファイド家の動向も、電話の向こうに、TV の向こうに出てくるだけに過ぎない。

 そうしたものは、無くて当然なのだ。
 そういう視点の映画なのだから。

 抑制された演出と、高い演技力の役者を揃えた上でしか作れない。
 英国映画の底力を見せつけられる見事な仕上がりであった。

戻る