貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

パーフェクト・ストレンジャー
監督:ジェームズ・フォーリー
出演:ハル・ベリー/ブルース・ウィリス/ジョヴァンニ・リビシ
2007年/米/110分/林完治/☆

批評 ただの卑怯映画

 親友が殺された調査に乗り出した女、疑わしき男に接近して行く・・・という内容。

 「ラスト7分11秒、想像を遥かに超える“衝撃の真実”が明かされる」というキャッチコピーに期待して行くと、文字通り衝撃的に酷い目にあわされる映画。

 いろいろと問題は多いが、最大はキャッチコピーの通りだろう。
 ラスト7分11秒 (なんだろう、きっと) で明かされるのは、基本的に叙述トリックのネタバレだが、実際には組み立て方が下手クソでただ卑怯なだけの物語のネタをバラしているだけだ。

 出来の良いミステリー映画の醍醐味は、真相が明かされた瞬間に訪れる「見事にだまされたっ!!と」いう驚きだが、それ故に組み立てに失敗すると悲惨極まりないことになる。
 この映画は、その悪しき手本と言えるだろう。

戻る