貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ラブソングができるまで
監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント/ドリュー・バリモア/ブラッド・ギャレット
2007年/米/107分/藤澤睦実/☆☆

批評 伝統芸能的定番恋愛

 恋愛ドラマにはいくつかの定石がある。
 仲違いしていた男女が一つの目標のために努力し、信頼関係で結ばれ、やがて恋愛感情に。
 二人が相思相愛になった所でトラブルが起きて (女性側に昔の男が出てくるか、男性側に昔の女が出てくるかのどちらかが基本。家庭不和の場合もあるが、どちらのパターンを使うかは、伏線で分かる) 一旦分かれる。
 けど、最後に元に戻ってハッピーエンド。
 「みんな幸せになりましたとさ」

 このパターンに寸分違わぬように作るとこの映画になる。
 しかも演じるのはヒュー・グラントとドリュー・バリモア。
 監督がマーク・ローレンス。

 プログラムピクチャとして、これほど強力な布陣はそうそう無い。
 「最低限の線」は絶対に越えるように作られた、まさに商品としての映画だ。

 それはそれで有りだと思う。

 単体の映画としてみた場合、決してつまらない作品だというわけではない。
 デートムービーとして恋愛映画が存在するならそれでも良いだろう。

 だが、あまりにも定石過ぎて楽しめないのも事実だ。
 定番から、どこをはみ出させるかが恋愛映画の面白みだと思うのだがなぁ。

戻る