貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

王の男
監督:イ・ジュンイク
出演:カム・ウソン/イ・ジュンギ/チョン・ジニョン
2006年/韓/122分/根本理恵/☆☆

批評 韓国における歴史映画標準の法則が分からんのです

 元々が史実を元にしたとは言え、舞台ということで、映画になっても舞台的な部分は残っている。
 それをもっとも色濃く残しているのは、物語が進む場所が極めて限定的だということ。
 特に後半は、ほぼ王の城の中しか出てこないし、その王の城の中も、出てくるのは数箇所のみ。

 その割に空間的な狭さを感じさせないのは、カメラワークと編集の上手さだろう。

 韓国も、中国文化の流れを汲んでいるためか、王宮の基本色は赤だが、衣装や小道具で変化をつけ、色彩的にも賑やかで、非常に楽しむことが出来る。

 とにかく分かりにくい。
 これは脚本に多くの無理があることももちろんだが、それ以上に、韓国の歴史が頭に入っておらず、それが史劇としての定番なのか、それともこの映画が間違っているのかわからないところが多いし、説明も無く飛び交う単語も、ところどころ理解できないためだ。

 日本の時代劇における、「越後屋、おぬしも悪よのぉ」「お代官様には及びません」が、それ単体では、他の国の人にはまったく理解できない台詞だというのと、おそらく同じだ。

 やはり、時代劇を見るには、その時代の背景を知っておく必要があるのだな。
 これほど、己の不勉強を痛感させられる映画も珍しいと言えば珍しい!?

戻る