貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

善き人のためのソナタ
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ
2006年/独/138分/古田由紀子/☆☆☆☆☆

批評 タイトルは間違っていると思います

 盗聴と密告による、徹底した監視社会を構築した東独。
 監視体制の中核をなしていた国家保安省の優秀な局員が、東独の誇る舞台演出家と女優監視をすることで、自分でも予想できない変化を遂げてゆく。

 抑制された演出、映像、色彩。
 華やかさの感じられないその世界の中で、盗聴による監視は人間の善意を蝕む「恐怖」であり、それを行う物は、まさしく「恐怖の体現者」と言える。
 恐怖が善意に触れ、そして人間に変わる理由は明らかにされない。

 それは、嫉妬や羨望といった負の感情なのかもしれない。
 東独が、やがて西独に飲み込まれたように、時間の流れ故だったのかもしれない。
 だが、少なくとも、変わりたいと思ったからではない。
 極めて受動的に、変わってしまったのだ。

 政治的恐怖を描きながら、そこには、人間が描かれる。
 人が変わる理由など、たいていの場合そんなものだろうという、まったく劇的ではないが、的を射た人間表現がある。
 そして、そんな変化でも、善意は生まれるのだと映画は描く。

 苦い結末と、そのあとに待っている、善意に目覚めた男のラストカット。
 心揺さぶられる映画であった。

戻る