貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ディパーテッド
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン
2006年/米/152分/栗原とみ子/☆☆☆

批評 暴力性しかないスコセッシ映画の本領発揮

 警察に潜入したマフィアと、マフィアに潜入した警察官の物語。
 香港ヒルムノワールの傑作、「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク。

 所々のエピソードや、二人の“潜入”の物語という大外枠こそ同じだが、だいぶん印象の異なる映画に仕上がっている。

 異なる印象を与える最大の要因は、その暴力性だろう。
 特に、マフィアのボスを演じるジャック・ニコルソンは強烈だ。
 暴力性を剥き出しにし、正気の淵にかろうじて立っている狂気の男は、オリジナル版ではありえなかった迫力を、一人で生み出してしまっている。

 「アビエイター」ではなりを潜めていた、スコセッシの面目躍如。
 生々しい暴力性の描写はさすがだとうならせられる。

 問題なのは、この暴力描写を支えきるだけの物語性の不在だろうか。
 原作から中途半端にエピソードを抜き出してつくった物語は、時に不自然な状況を生み、時に全体から浮いたシーンを作ってしまっている。
 元々、パズルのごとき複雑性をもった脚本だっただけに、主要エピソードを、中途半端に抜き出してくる、という方法には無理があったとしか思えない。
 致命的に破綻しているわけではないのは、観客にとっては救いではある。

 「出来の良いハリウッド映画」ではあるが、その程度の映画でもあると言えるだろう。
 傑作でも名作でもない。

戻る