貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
監督:馬場康夫
出演:阿部寛/広末涼子/吹石一恵
2006年/日/116分/☆☆☆

批評 馬鹿映画万歳っ!!!!

 日本経済崩壊の危機を目前に、日本政府は歴史改変を決定。
 タイムマシンにより過去にタイムスリップし、バブル崩壊の引き金となった金融政策撤廃を目論むっ!!

 冒頭から飛ばしまくりのハイテンションギャグ映画。
 あの、空虚で無意味で、けど誰もが浮かれていたバブルを、その負の面はさておき、「面白く見えるだろ?面白かっただろ?」と悪びれも無く肯定してみせる。
 まさに馬鹿映画。

 タイムパラドックス?ナニソレ?といわんばかりの強引かつ無理矢理な基本骨格のわりに、物語内の細かい伏線を片っ端から回収して回る、妙に親切な脚本が、それ故に馬鹿っぽさを強調する。

 馬鹿映画に内容など必要ない。
 脚本の完成度がなんだ。ノリと勢いがあればそれで良いじゃねぇかっ!!!

戻る