貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

僕は妹に恋をする
監督:安藤尋
出演:松本潤/榮倉奈々/平岡祐太
2006年/日/122分/☆

批評 タイトルには、偽りなし

 その背徳感に兄妹は悩みつ、しかして特になにかの結論が出るでもなくそのまま終わる。
 それで結局何?と聞きたくなる脚本だ。

 理性的とは思えない登場人物の行動は、深刻ぶった台詞の作り物感を加速し、観客をあきれさせる。

 台詞では、心理描写を支える意味でも、哀しくも愛おしく激しい濡れ場が展開されねばならないはずだが、服を脱ぐシーンさえないごまかしっぷりで、役者への配慮を感じ、ここでもまた冷めた気分にさせられる。

 カメラも酷い。
 登場人物の心理説明カットになると、カメラが手持ちになり、そうでないと固定カメラになるという差はあるが、基本は固定カメラ。
 登場人物も、あまり動かない。
 動くときは、その場所の入退場のときのみ。

 漫画のコマ割を実写で再現するという、ある種の斬新な試みだろうか?
 同じようなカットばかりになって、見ているとすぐに飽きる。

 眠い。
 本当に眠い映画だった。

戻る