貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

墨攻
監督:ジェィコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ/アン・ソンギ/ワン・チーウェン
2006年/中・日・香・韓/133分/小坂史子/☆☆☆

批評 ヒロイン抹殺指令

 大国に攻め込まれた小国が、が頼りにしたのは、攻撃を否定する思想集団、墨家。
 そこから一人の男がやってきた。
 彼は、城が元々持つ数千の戦力で、十万の大軍と対峙する。

 様式美的な活劇映画ではなく、史劇風の重厚な戦争映画。
 香港映画的の得意とする超絶格闘戦シーンはなりを潜め、ハリウッドの得意とする CG 大量投入も行わず、中国映画的人海戦術によって生み出された迫力の映像が、見る物を圧倒する。

 知略の限りを尽くして防衛戦を指揮する主人公。
 勇猛で清廉な攻撃武将。
 目の前の利益にとらわれ続け、疑心暗鬼におちいる無能な国王。
 主人公の思想に惹かれてゆく若き王子。

 それらの登場人物が、それぞれの立場の違いを明白にし、状況に応じて、時間に応じて変化してゆく様を描き、同時に、彼らの関係性が変化してゆく、この描写は見事。
 上手い脚本だとうならせられる。

 惜しむらくは、全体から浮きまくっているヒロインの存在だ。
 コイツが居なければ、もっと物語が締まって、面白くなったと思うのだが。

戻る