貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

バイオハザード III
監督:ラッセル・マルケイ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/オデッド・フェール/アリ・ラーター
2007年/米/94分//☆☆☆

批評 で、北に逃げた連中は?

 マッドマックスな世界で、エレン・リプリー (「エイリアン4」仕様) がドラゴンボールな戦闘をする話。

 「マトリックス レボリューションズ」「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」で証明されたように、肉弾線 + 超常能力戦闘の行き着くはては「ドラゴンボール」なのだろうし、最強生物のクローンを使って云々という話を胸クソ悪いように撮ると「エイリアン4」になるのだと思わ

 脚本も、正直、あまり脚本家としての腕が良くないポール・アンダーソン (シチュエーションを組み立てて、アクションシーンを見せる能力はあるのだが) が書いていることもあって、弱い。
 だが本当の問題は、ゾンビ描写を含め、これぞ「バイオ3」というほどの映像がない事だろう。
 脚本の弱さを、独特の映像で圧倒してみせた初代と比べると、著しい質低下といわざるを得ない。

 ラストカットからすると続編も撮るようだが、正直、期待はできそうにないな。
 まぁ、「夜空雪風」駅 (そーゆーのが出てくる) からスーパーシルフが飛んでくるような衝撃的な展開だと、それはそれで面白そうだけどね。

戻る