貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

マリー・アントワネット
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルステン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/リップ・トーン
2006年/米/123分/松浦美奈/☆☆

批評 豪華な映像だけ

 世界一有名な浪費家、マリー・アントワネットの半生を映画化。
 ヴェルサイユ宮に来てから、脱出するまでの話。

 とにかく説明が無い。
 すべてが唐突に発生し、特に説明も無く忘れ去られたり、何事も無かったかのように流されたりして行く。

 結婚してから、寂しさから暴走するアントワネット。
 子供が生まれて考えを (ちょっとだけ) 改めるアントワネット。
 革命が起きてヴェルサイユから逃亡するアントワネット。

 これらの主要エピソードは、連続して見せられる一つの物語と言うよりは、連続ドラマの主要な回を抜き出して、ただ繋げただけのような強引な編集で見せられる。
 見ていると、劇中の時間経過がすぐに分からなくなる。
 何が起きているのかも、さっぱり分からない。突然登場人物の性格が変わっていたり、人が増えたり、人が減っていたりする。

 出てくるたびに、色鮮やかな、異なる衣装を身に着けた登場人物は、本物のヴェルサイユ宮で撮影したという迫力と合わさって、まさに豪華絢爛。
 コスプレ映画の本領発揮。見ているだけで楽しめること間違いなしだ。

 だが、豪華な画だけでは、映画の面白さを得ることが出来ない。
 ハリウッドがよく体験させてくれる教訓を、この映画がまた教えてくれた。

戻る