貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

劇場版 エスカフローネ
監督:赤根和樹
出演:坂本真綾/関智一/三木眞一郎
2000年/日本/110分/☆☆

批評 まとを絞って作らなきゃ

 映像を見せるとか、物語を見せるとか、そういうレベルでの作品基準がある。
 それがメチャクチャになると、なにがやりたいんだか分からない中途半端な出来になる。
 原版となったTV版「天空のエスカフローネ」は、26話の連続という長さを生かし、良く言えば多くの要素を持った、悪く言えばアイディアのごったにとして作られていた。ヒロイックファンタジー・アクション・恋愛・家族...しかしながらそうした数多くのテーマを展開できたのは、作品の長さがあったからではなかったのだろうか?
 劇場版の長さは90分、あまりにも短い。その中に無理やりテーマを詰め込もうとすると崩壊することは必至。そして崩壊してしまった。
 いかにも尺が短いのだ。急展開する物語、激変を繰り返す各キャラの心理、短くなって迫力不足のアクションシーン(どうやら一秒でも惜しかったらしく、タメまでなくなっちゃった。TV版は、あのタメが“重さ”を表現して、最高の殺陣を演出していたのに)。なまじ作画レベルが高い分だけそれが惜しい。
 どうせなら「MACROSS PLUS」のように、映像主体の作品に切り替え、物語も異世界戦闘記のような作り方をしてしまえば良かったのではないか?
 それと、こういう作品の場合、キャラを豪快に削るのは大前提。ガデス隊とか、その他大勢で十分じゃないか。

戻る