貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

トゥルーマン・ショー
監督:ピーター・ウィアー
出演:ジム・キャリー/エド・ハリス
1998年/米/103分/戸田奈津子

批評

 リアリティーは全くありませんが (完全にない、こんなことやったら間違いなく人権問題になる。技術的にも無理がある)、そういう映画ではないのでOK。(話の焦点がちがう)
 この世界は「誰か」によって作られ、自分は「誰か」に監視されている。
 この基本は、聖書でしょう。
 「誰か」が、観客にとって超越的な存在ではなく (主人公にとっては超越的ですが) TV 番組スタッフというのが、面白い所。

 ただ、この番組スタッフ、想定外のトラブルが起きたときに逃げ出すのはよくありませんね。
 映画のように“計算されたドラマ”であればともかく、“リアリティ番組”であれば、トラブルはドキュメンタリを盛り上げる要素だと思うのですが。

 所々で、こうした新しい視線が入り込んでいますが、「人生は何者にも束縛されることはない」という非常に古典的なテーマを、丁寧に画いた作品です。
 テーマは古く、書き方にはひねりを、ということでしょうか。

戻る