貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ゴジラ
監督:本多猪四郎
出演:志村喬
1954年/日本

批評

 公開の批評を読むと、この映画がいかに当時の人間にとって怖かったのかが分かる。
 その恐怖の陰に、まだ記憶に新しい(それでいて微妙に風化した)戦争体験があったことは想像に難くない。
 ゴジラの東京襲撃シーン。都内から逃げ出す人々。その光景を東京大空襲で家を焼かれ、その炎から逃げた記憶と照らしあわせた観客も多かったのだろう。
 なにより”戦争”追体験をい感じさせてくれるのは病院のシーンだ。そこが混乱した、まるで最前線の野戦病院のような姿になったことではない。むろんそのことでの恐怖感というのもあるのだろうが、私にもっと強力な印象を残したのは、病院内の子供たちの描写である。
 運び込まれてくる患者を、親とはぐれたのであろう子供たちが、おそらくは自分の親を探すように見ている重なる賛美歌の合唱。
 それはまさに戦争体験映画なのではないのだろうか。

 話は前後するが、前半戦の演出も見事だ。
 実のところ、この光景がなければ「ゴジラ」の後半にある、恐怖シーンはあり得ない。
 戦争から日本が立ち上がりつつあることを、決して説明的ではなく説明している。人々の記憶から戦争の傷跡が薄れていることを印象づけながら、各登場人物が戦争に対してどういう想いを抱いているのか、戦争でなにを体験したのかをさりげなく描いている。
 ”戦後”の日本の姿。これがあるから中盤以降、「ゴジラ」が東京に上陸してからの戦争の再現が際だつのだ。

 さらに追い打ちをかけるのは”核の恐怖”だ。第五福竜丸事件(ビキニ事件)によって、核の恐怖が一般に知られるようになり、その記憶が広島、長崎の悪夢につながる。
 その核によって作られた怪獣。ゴジラは戦争そのものであり、同時に(すくなくともこの作品では)戦争の被害者といえる存在なのではないのだろうか?
 そうした”恐怖”や、時代背景をもったゴジラ新シリーズにおいては新「ゴジラ」「ゴジラvsビオランテ」でしか書かれなかったのはまことに残念である。

 そういや「ガメラ3」の公開時に、「ガメラ3は初代ゴジラを越えるリアル路線の怪獣映画だ」とか抜かしているアホが、どっかの掲示板にいたなぁ。

戻る