貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

少女革命ウテナ アンドゥレセンス黙示録
監督:幾原邦彦
出演:川上とも子/淵崎ゆり子
1999年/日/85分/☆☆☆☆

批評

 はっきり言います、もっと難しく(分かりにくく)作ってくるかと思ったんですが...やはり時間的な制約でしょうか、予想よりはわかりやすかったです。まぁ比較の問題ですけど。
 TV版に比べて時間が短い分だけ、要点だけに整理されていてメッセージ的なモノはわかりやすくまとまっているといえるかと思います。
 しかし、幾原監督。故寺山演出をディフォルメしてTVアニメに持ち込んだ男!さすがです。劇場で35oであの演出をやられると、いやまあなんといいますかヤシイことアヤシイこと。
 そうそう、ゲストの及川光博ですが...まぁ、ね。ほら、あのさ、なんていうか、声優は初めてだし...なにより役者が本業じゃないからね...まぁ、さ。

戻る