貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

グッドナイト・ムーン
監督:クリス・コロンバス
出演:ジュリア・ロバーツ/スーザン・サランドン
1998年/米/125分/古田由紀子/☆☆☆

批評

 良質のヒューマンドラマに仕上がってます。んが!!物語の構成上やむを得ないとは言え、ジャッキーがガン患者であるという描写がとびとびになってしまい、ふと気がつくと健康体に見えてしまう。
 とくにクリスマス前に帰ってくる描写。ここでは飛行機から降りてくるジャッキーは最初車椅子に座って、かなり消耗した様子を描写しているのに、その後のシーンでは立って歩いて乗馬までしちゃいます。
 たしかに黒澤明監督の「生きる」のように「ガンと、その前で意志を持って何かやり遂げようとする者」をテーマに描いた作品ではなく、「家族とは?」という作品テーマで作られている以上、そうした演出を控えなければ物語が成立しにくかったことは認めますが、あまりにもその落差が激しく、見ていてかなりさめてしまう。

戻る