貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ソルジャー
監督:ポールアンダーソン
出演:カート・ラッセル/ジェイソン・スコット・リー/ジェイソン・アイザックス
1999年/米/98分/菊池浩司/☆

批評

 さぶいデス。無論完成度が。
 なんと言いましょうか、物語がプロットレベルで間違ってるんですよ。どうせなら新ソルジャーを人間じゃなくして、人間vs機械にしちゃうくらいの思い切った転換が必要だったように思います(ミスるとターミネーターになるが)。
 戦闘シーンですが、これがまた寒い。
 なんちゅうか、ただハデなだけ。
 お互いに作戦に問題がありすぎて突っ込むのもめんどくさい。
 SFである意味なし。劇場まで行く意味、ほとんどなし。
 ちなみに一部で言われている主人公の異様なまでの無口さですが、私が数えた限りでは20回しかしゃべりませんでした。

戻る