貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

メッセンジャー
監督:馬場康夫
出演:飯島直子/草薙剛/矢部浩之
1999年/日/118分/☆☆

批評

 TVです。演出からなにから、すべてがTVです。
 TVでやらなかったのは予算の問題か?あ?と聞きたくなるくらいTVです。
 脚本はよくまとまっていますが、最初から最後まで展開は読めます。しかも異常なまでのご都合主義と、人間の場所関係を完全に無視した展開が最高に笑えます。
 いやちがう、正確に言うとそれより笑えるのは自転車の描写のいい加減さ。
 スタンディングで時速60キロ出すは(出ない、絶対でない)、セッティングは異常に精密で、レースセッティングにしか見えないは(レースセッティングは、その距離さえ走れればいいように作るので、何キロ走るのかわからない自転車便には向かない)、ハイスピードセッティ  そして冒頭(と最後)の事故シーン。車の前側面に自転車がつっこんで、ドライバーが吹っ飛ぶのだが、自転車のペダルに足を固定しているのに(そういう描写があるのに)、体だけが車のボンネットを転がって落ちる。
 なぜゆえそうなるか!?しかも時速60キロだろ?自転車ごと車を飛び越えて地面にたたきつけられて、全身打撲で意識不明はカタイぜ!!
 それにな、自転車でも速度を出しすぎると警察に捕まるぞ!!少なくとも私は捕まったことがある!!

 ま、それでもTVだと思えば見られるさ!!(だから☆☆さ)
 余談だが、私はこれを「最低映画への有罪判決」の下準備として見に行った。はっきり言おう。この程度ではまだまだダメだ!!(最低映画じゃなかったのだから、むしろ喜ぶべきなのか?)

戻る