貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

リトル・ヴォイス
監督:マーク・ハーマン
出演:ジェイン・ホロクス/ユアン・マクレガー
1998年/英/99分/☆☆☆☆

批評

 「ブラス」のマーク・ハーマン監督の作品である。
 「ブラス」では、過疎化した街に希望を与える”音楽”が出てきたが、今回は自閉症気味の女の子(にしか見えないけど、実際はどうなんだろう?)の自己表現の力と母親の呪縛から逃れるための力、そして亡き父に捧げる”音楽”が出てくる。
 作品としては最後が駆け足になってしまったのが気になるが、人間ドラマを辺に長引かせるのよりは良いし、大した問題ではないと言える。
 たしかに物語のテーマとして革命的なものがあるわけではない(むしろ古典的)し、演出的にも目新しさはない。
 だが、小作としての完成度は極めて高く、一見の価値ありの作品に仕上がっている。

戻る