貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ガメラ3 邪神<イリス覚醒>
監督:金子 修介
出演:中山 忍/前田 愛
1999年/日/108分/☆

批評

 なんちゅうか、全二作のつじつま合わせに走った感が否めない三作目。ガメラを憎む少女など、着眼点は良いと思うが、それらが全く生かされることなく、説明不足で意味不明の解説に埋まっているあたりがなんともいえぬつまらなさを醸し出している。
 そもそも、怪獣映画でリアリティーを追求することが間違いだということに気がつかなかったのだろうか?あんな生物いる分けないのだ、その辺を割り切って作らなければならなかったのではないのか?
 だいたい一作目でそういう割り切りをしていたのに、どういうこっちゃ!?
 そもそも冒頭に出てきたガメラの墓場(と推測される場所)。思わせぶりに出し説いて、結局「出来損ないを捨てたんでしょう」のひとことで、後の展開に全く絡まない。しかも、その推論に証拠ナシ。自分に都合のいいように各々のキャラがかってに解釈するだけ。すくなくとも  だいたい、なんなんでしょうあの渋谷壊滅シーン。無理矢理「ガメラは怖いんですよ、いいですか怖いんですよ!!」と説得するかのようなカメラワーク。初代ゴジラがなぜ怖かったのかといえば、ゴジラをとったからではなく。その被害による日常の崩壊と、現実的な被害状況を  ほかにもたくさんあるが、腹立ってきた、とにかく「ガメラ3」はつまらない、以上!!

戻る