貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

エネミー・オブ・アメリカ
監督:トニー・スコット
出演:ウィル・スミス/ジーン・ハックマン/ジョン・ボイド
1998年/米/132分/戸田奈津子/☆☆☆

批評

 「クリムゾンタイド」「トップガン」の監督&プロデューサーということでしたが、実は対して期待してませんでした。なぜなら劇場予告編がいまいち良さそうではなかったからです。(いやなにが悪いって、人工衛星のCGでしょう)
 映画としてはよくまとまっているといえますが、逆に言うと(まとまった結果?)ご都合主義がなかなかの強さでにじみ出てしまっています。
 その割に伏線をきちんと張っていたりする物ですから、さすがトニー・スコットといったところでしょうか。
 最後まで一気に見せてくれますし、良くできてはいます。
 それ以上ではありません。

戻る