貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

劇場版 零〜ゼロ〜
監督:安里麻里
出演:中条あやみ/森川葵/小島藤子
2014年/日本/105分/☆

批評 なんじゃこりゃ

 完全寮制の女性高で発生する謎の失踪事件、女の子にだけかかるという呪いとは?
 という和風ゴシックホラー、なんだと思うが、ミステリーとしては謎解き要素が薄く(しかも矛盾している)、ホラーとしては致命的なほどに怖くない。
 物語の構成にも問題があり、第三部でいきなり視点が変わるので見ていると違和感しか残らない。
 必要な説明を、全部、かたっぱしから台詞でする鬱陶しさも、駄目映画の法則に合致しているといえよう。

 これ原作がゲームだったと記憶しているけど、ゲームのファンには必要な情報が補完されて楽しめるのだろうか?
 だとしても、単体で楽しめないので映画としては駄目なのに違いは無いんだけどね。

 なんなんだかなぁ。
 結局、なんなんだかなぁ。

戻る