貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

図書館戦争 革命のつばさ
監督:浜名孝行
出演:井上麻里奈/前野智昭/沢城みゆき
2012年/日/105分/☆☆

批評 足場グ〜ラグ〜ラ

 TV シリーズから続く「図書館戦争」映画版にして完結編。
 発生した原発テロに対し、その内容が酷似されていると指摘された小説「原発危機」の作者に、執筆活動停止を法的に迫るメディア良化委員会。
 表現の自由と、図書館の自由法に基づき、図書隊と激突する。

 という内容なのだが、とにかく足元がボロボロ。
 シチュエーションだけが先行し、そのシチュエーションを組み立てるための足場が出来ていない。
 おかげで相互のシチュエーションが矛盾する。
 飛行中のヘリを撃墜する、という中盤戦最大の戦闘シーンも「市街地上空を飛行中のヘリにたいし、メディア良化隊が発砲」している。
 また、最後は「総領事館をメディア良化隊が封鎖」している。

 市街地で戦闘し、公道を封鎖している。
 どうやっているのかわからないが、それだけのことが出来る組織であれば、図書隊が作家をかくまっている場所がわかった時点で、その周辺の道路を完全封鎖した上で、急襲部隊突入させれば終わりじゃないか?(そもそも作中では、メディア良化隊が、作家を拉致して何をしたいのかぜんぜんわからないのだが)

 この一例が一番わかりやすいが、全編通してこんなものだ。
 「状況」を描写する事に熱心になっていて、「状況にいたるまで」がまったく考えられていない。描写されてもいないだけなら、ここまで矛盾する事は考えにくいので、おそらく何も考えていないのだろう。

 原作の一部を改変し、中抜きするだけではまともな脚本になんてならない。

 その事を、いやんなるくらい教えてくれる映画であるといえよう。
 正直、あの TV シリーズの続きでは予想された完成度ではあるのだがな。

戻る