貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

テルマエ・ロマエ
監督:武内英樹
出演:阿部寛/上戸彩/北村一輝
2012年/日/108分/☆☆

批評 後半の失速感が圧倒的

 古代ローマ時代の、浴場設計技師ルシウス。
 彼は問題に行き詰ると、理由は分からないが現代日本にタイムワープするっ!!
 クソまじめな人物が、タイムスリップしているとは思わずに現代日本の風呂技術に触れ、ただひたすら衝撃を受け、問題解決の糸口をつかむと古代ローマに戻る。
 という、いろいろとわけが分からないギャグ漫画。

 前半はほぼ原作どおりで、後半は映画独自展開。
 そして後半の映画独自展開が、かなりだいぶん「やらかしている」。

 理由は簡単。
 するべき説明をしていないからだ。

 ルシウスは、タイムスリップ、などという現象は想像もしていない。
 だからこそ「この国はローマよりすごい!」という驚きと、その驚きのシュールさに笑いを生み出している。見ているほうは「そりゃ、未来だもの」というツッコミが成立するからだ。
 しかしこの映画、後半の独自展開になると、ルシウスはいつの間にか、なんの説明も無く、タイムスリップを受け入れている。
 受け入れることの抵抗も、驚きもなにもない。
 会話シーンで、突如としてタイムスリップを知っている。

 ここから先では「現代と古代のギャップ」による笑いは、当然、生まれ得ない。
 笑いの方向を切り替えるなら切り替えるで良いのだが、それまで作ってきた「細かいディティール」も放棄してしまうので、連続した世界の、同じ作品として判断するのは、かなり辛い。
 もっと上手いやり方無かったのかね。

戻る