貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

アベンジャーズ
監督:ジョス・ウェドン
出演:ロバート・ダウニー・Jr/クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ
2012年/米/144分/松崎広幸/☆☆☆☆

批評 あと一工夫欲しい

 マーベルヒーロー大集結。
 迫る強敵を殲滅せよっ!!

 アベンジャーズ側の描写は見事だ。
 短い時間の中で、ヒーロー軍団一人ひとりの描写をしているし、それぞれに見せ場を作っている。
 しかし、それでも、上映時間に入れ込むには無理があった。


 しわ寄せは、悪役の描写にいった。


 特に、全体的に扱いがひどく、強く見えない。
 ヒーロー達のかませ犬以上の存在には見えないのだ。
 しかも最後のカットのおかげで「悪の中間管理職!?」という疑念を抱かせるにいたる。
 もっとも、キャプテンアメリカに言われ、ハルクにされたことを思えば、そんなことは小さな問題のような気もするが。
 ありゃぁいくらなんでも・・・

 映像的な迫力はあるし、ヒーローたちの見せ場もある。
 けど、この悪役の描写の薄さは、結果的に映画を大味にしてしまっているだけではなかろうか。
 もっと、「絶対的な悪」「恐怖的な力」というのを観客に知らしめた方が、なお面白かったと思うのだが。

戻る