貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

シャーロック・ホームズ
監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニー・Jr/ジュード・ロウ/レイチェル・マクアダムス
2009年/米/129分/アンゼたかし/☆☆☆

批評 ミステリー期待するべからず

 ヤク中 (時代背景的に非難されるべき部分でも特筆すべき所でもない) のボクサー崩れにして、推理の天才。
 元軍人で、実は結構切れ者の医者。

 ホームズとワトソンの、原作設定である。
 この中から、特に「ボクサー」と「元軍人」を超拡大して作り出した映画。

 よって、「シャーロック・ホームズ」などという題でありながら、ミステリー映画ではない、アクション映画になっている。

 この映画の判断はこの部分。
 ミステリーではない「ホームズ映画」を許せるか許せないかにかかっているのではなかろうか。

 まったく期待せず原作をしっかり忘却し、アクション映画だと思ってみる分にはそこそこ面白い映画だと思う。
 少なくとも私は、そういう視点で見て、そこそこ楽しんだ。

戻る