貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ
監督:アシフ・カパディア
出演:アイルトン・セナ//
2010年/英/108分/種市譲二・森脇基恭/☆☆☆

批評 レースをするのは“人”なんだよね

 1994年。イタリア、イモラ・サーキットで事故死したアイルトン・セナのドキュメンタリー映画。

 死後16年が経過し、なおも伝説の名となっているセナの映画という事で、基本的に「セナ様は神様です」という仕上がりになっている。
 この映画だけ見ると、プロストは一方的に悪人に見えるし、ライバルもその一人だけのように見える。

 ピケとの確執も、マンセルとの友情とライバル心も、シューマッハから受けたプレッシャーも描かれない。
 ついでにいうと、HONDA との関係も一切描かれない。

 本田宗一郎から「来年も最高のエンジンを作ってやるからな」と言われたことも、本田宗一郎が息を引き取って涙したことも出てこない。

 ついでにいうと、セナの、勝利のためにはかなりダーティーなドライブをしたこともほとんど描かれない。

 ん〜、悪い映画だとは思わないが、セナを神格化するのはどうかと思う。
 セナは“ものすごい人間”であって、“神様”じゃないのだから。

戻る