貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ハナミズキ
監督:土井裕泰
出演:新垣結衣/生田斗真/蓮佛美沙子
2010年/日/128分/☆☆

批評 想像の斜め上を行く映画

 物語の基本は四部構成。
 すなわち起承転結。
 恋愛映画の基本構成は、出会い、進展、別離(すれ違い)、再会だ。

 この映画も、ほぼこの基本通りに進行するが、「別離」(すれ違い) の部分で大暴走を開始する。
 恋敵、ないし二股そのものはよくあるモチーフだが、ここまで行っちまう映画が他にあったか!?という大暴走。

 想像の斜め上を行くとはこのことだ。
 それまでの「わかりきった展開」から離脱し、映画のキャッチコピーは、「君と好きな人が百年続きますように」じゃなかったのか!?という驚きの展開に突入。
 それまでのかったるさは消滅し、すさまじい、早回ししているかのような怒濤の展開が観客を翻弄する。

 描写が雑だとか、展開が速いとか、そういうレベルを遙かに超える超展開。
 見ているこっちの想像力が、極限まで必要とされる。
 劇中で描かれない部分で何が起きているのか、物語の展開速度を超える勢いで想像して行かなければならない。

 なんというか、すごい映画であった。

戻る