貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 〜http://鷹の爪.jp は永遠に〜
監督:FROGMAN
出演:FROGMAN/川村ゆきえ/もう中学生
2009年/日/99分/☆☆☆

批評 面白い。が、映画か?と問われると・・・

 全人類が平和ボケして暮らせる「平和な世界」を作るため世界征服をもくろむ、アジトの家賃も払えない貧乏な悪の秘密結社鷹の爪は今日も戦うっ!

 フラッシュアニメで、容赦の無い時事ネタをからめた毒々しくシュールな脱力ギャグを連発する「鷹の爪」劇場版第三弾。
 ちなみに TV シリーズ「秘密結社 鷹の爪 カウントダウン」の前章にあたるため、大家さんネタなど、劇場版を見ると「なるほどっ!」と思わされる部分が多数ある。

 が、基本的に一発ギャグの集合体なのでそんな事はどうでも良い作り。

 重要なのは“容赦の無い時事ネタをからめた毒々しくシュールな脱力ギャグ”という部分だ。
 見る人を選ぶ上、これまでのシリーズを見ていないと分からないギャグ (主に島根県ネタ) が多発される。
 さらにフラッシュアニメということもあって、とても「映画的」とは言えない作り。

 確かに面白い。
 猛烈に面白いが、さて、これを映画と呼んで良いものなのか?という疑問は、見終わってからは頭を離れない。

 いや、面白かったけどね。
 メジャー化しても「鷹の爪」が変わらないという側面を含めて。

 けど、やっぱり、映画じゃねぇよ。これ。

戻る