貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ブッシュ
監督:オリヴァー・ストーン
出演:ジョシュ・ブローリン/エリザベス・バンクス/ジェームズ・クロムウェル
2008年/米/130分/伊原奈津子/☆☆☆

批評 チェイニー、ライス、ラムズフェルドはただの外道

 名門ブッシュ家の落ちこぼれ、J.W.ブッシュ。
 彼はいかにして大統領になり、いかにして政策を決定したのか。

 望んでいなかったのに政治家になってしまい、「パパに認められたいから」と頑張るも、パパはブッシュ家のエリート街道を驀進する弟ばかり気にしており、全然ボクの気にしてくれない。

 コンプレックス持ちの馬鹿だが、人は良く、憎むことのできない男。
 この映画で描かれる J.W.ブッシュはそういう人間だ。

 他の作品に比べると、この映画のブッシュは人間的には良いヤツだ。政治家としては無能なのは、変わらないが、

 独特の人物像を作り上げた作品ではあるが、同時にそのキャラクタ造形に欠点もある。
 脚本レベルで見ると、J.W.ブッシュのコンプレックスを生み出し、結果的に世界を悲劇に向かわせる事になってしまう弟ブッシュの描写が希薄だという事。
 作品では、弟ばかり気にするパパブッシュの描写はあるが、優秀な弟が、その姿を見せることがほとんどない。
 前半戦で、J.W.ブッシュの“若気の至り”を描くのと同時に、エリート街道を驀進する弟の描写を入れておけば、中盤戦、無理に政治家に転向し、後半戦、パパ・ブッシュの復讐に燃え、(弟にはできない) 戦争をおっぱじめてしまう、ほとんど狂気ともおもえるコンプレックスがより際立ったのではなかろうか。
 あるいは、その姿を描くことを完全にやめ、逆に存在を際立たせるかだ。

 どちらにせよ、ブッシュという人間を、周囲の人間を使って立体的に描くことに、成功しているとは言い難い。
 それでも十分に面白いのは、さすがオリヴァー・ストーンだと思うけどね。

戻る