貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ハリー・ポッターと謎のプリンス
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン
2008年/英・米/154分/岸田恵子(翻訳) , 松岡佑子(監修)/☆☆

批評 こりゃ最終作も・・・

 冒頭の暗い雰囲気は途中でなりを潜め、中盤戦は主要人物によるとっかえひっかえの色恋沙汰が展開。
 ホグワーツ学園高校白書かっつーの。
 最後に雰囲気が戻ったかと思うと、唐突に台詞ですべてを説明して物語が終わる。

 いつからホグワーツはビバリーヒルズに移動したのかと思うような内容だが、物語の異常なまでの展開速度の速さと、放置しまくりの伏線等、相変わらずなので、間違いなく“ハリーポッター”だ。

 なにはともあれ、中盤の、明らかに必要の無いエピソードを全て削り、物語り全体のトーンを統一する所からはじめないと駄目だろう。
 この映画に必要なのは、そうした、物語構成の変更だと思う。

 実際、ロンとハーマイオニーの暴走 (特にハーマイオニーは酷いほどに凄い) や、表裏不明のスネイプ (ホグワーツ教師陣営は、相変わらずの豪華キャストで演技を見ているだけで楽しめる) 等、部分部分ではそれなりに面白い部分もある。
 演技も演出も編集・・・はやや問題のある部分もあったが、まぁ許容範囲。

 撮影済みの部分だけでも、中盤カットして再構築するだけで、作品は引き締まり、起承転結のはっきりした、まとまりのある映画になるんじゃなかろうか。
 原作者やプロデューサ。それに原作原理主義者がそれを面白いというかは分からんが。

戻る