貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ココ・アヴァン・シャネル
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:オドレイ・トトゥ/ブノワ・ポールヴールド/アレッサンドロ・ニヴォラ
2009年/仏/110分/松崎美奈/☆☆

批評 ファッションショーは最後の一撃

 孤児院で育った、ココ・アヴァン・シャネルが、世界市場に名をはせるブランド「シャネル」を設立する前で。

 決定的な欠点は、事実上一つ。
 ココ・シャネルの人間的な魅力が、まったく伝わってこないこと。

 いつも不機嫌そうなココ・シャネルに、なぜ男達は惚れるのだろう?
 これがまったく完全に理解できない。
 少なくとも、私は、どこに感情移入すればよいのか分からなかった。

 ココ・シャネルはココ・シャネルで、「愛なんて信じない」「男なんてセックスの相手でしかない。男がいなくて出来るなら、必要無い」とまで言っていたにも関わらず、いともあっけなく愛におぼれる。

 こんな主人公のどこに、感情移入すればよいのだ?

 応援したくなる要素の無い主人公に共感することは難しい。
 この映画は、そんな単純な事実をよく教えてくれた。

戻る