貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
監督:樋口真嗣
出演:松本潤/長澤まさみ/椎名桔平
2008年/日/118分/☆

批評 ・・・何を言えと!?

 滅ぼされた国の姫君と、侍頭が、農民二人をひきつれて、国家再建の軍資金を背負って的中突破を試みるっ!!

 黒澤明の傑作映画をリメイク。

 ジョージ・ルーカスは、黒澤明「隠し砦の三悪人」を見て、「スター・ウォーズ」制作の初期衝動を受けたのだという。
 若かりし樋口真嗣は、それを聞いて、まだ見ぬ「隠し砦の三悪人」の内容を妄想したのだという。

 つまりこの映画は、「隠し砦の三悪人」のリメイクではなく、孫コピー作品なのかもしれない。

 敵がヴェーダー卿にそっくり。
 恋愛劇が始まる。(しかも突然)
 巨大爆発が入り込む。(仕組みはよく分からない)
 敵の要塞に突入する。(谷間を通って)

 なるほど、そう思えば、このグダグダな出来も、コピーを繰り返すと、線は元からどんどんヨレて行くようなものだと納得できる。

 ような気がする。

戻る