貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

恋空
監督:今井夏木
出演:新垣結衣/三浦春馬/小出恵介
2007年/日/129分/☆

批評 新ジャンル、ジェットコースター悲恋映画見参っ!!

 15分でロストバージン(いきなり着衣プレイ)、15分でレイプ(当然着衣プレイ)、15分で流産(そもそも妊娠したように見えない)、15分で分かれて(理由はよく分からない)、15分で立ち直り(立ち直ったように見えない)、15分で次の恋人を発見(しつこい男が趣味なのか?)、15分で過去の恋人と戻り(捨てられた男が哀れだ)、ケータイ小説なので、当然次の15分で死ぬという話。

 すべての事態は、基本的に突然発生する。
 伏線らしきものもあるが、あまり意味がない。

 出てくる登場人物に、あらゆる意味で計画性は無い。
 ついでに言うと、非常に無責任で夢想的な人間ばかりが出てくる。

 誰も彼もが、恐ろしく底が浅く、薄っぺらい。

 この物語は、なんでも作者の実体験を元にした話なのだという。
 もしそれが真実であるというのならば、恐ろしく作者はかわいそうな人間だといえよう。

 だってここで描かれている事件の大半は、止められるよ。
 周りの大人が、友人が、自分が、もうちっと頭がよくて常識的な行動を取れていれば。


 それにしても、思い出の場所として扱われている河原は素晴らしい。
 後ろに、実に良い雰囲気のガーダー鉄橋が見えた・・・

戻る