貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ハプニング
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォールバーグ/ズーイー・デシャネル/ジョン・レグイザモ
2008年/米/91分/松浦美奈/☆☆

批評 だから何?

 ある日、突然、人が死に始める。

 アルフレッド・ヒッチコック「鳥」に似ていると思う。
 なんだかよく分からないが、登場人物は生命の危機にさらされ、その危機から、ひたすらに逃げまくるという基本プロットは本当にそっくりだ。
 だが、出来はだいぶん異なる。

 なによりも、この状況に
どうでも良い説明は、しない方が良いと思う。

 登場人物たちが、事態の中で妄想ともいうべき仮説を述べまくるというのならばまだ分かる (思えば、黒沢清「回路」はこの方法だったな) のだが、本作ではそうではない。
 理由なんぞいっさい説明せず、原因不明の謎の事態が突如始まるほうが、よほど怖いし不気味だと思うのだが。

 さらに余計なエピローグのおかげで、作品の主題の一つかと思われた、家族の、親子の物語という側面がボケる事となっている。

 北米大陸の一部でしか現象が発生していなかったのに、「どことも連絡が取れない」とのたまう鉄道員や、人数制限についても、車で死の街に入った人数が5人なので後の描写と矛盾する (そもそも一人で死んでいる人もいるのだが) 等の些末的問題はさておけるほど、根本が弱い作品であった。
 気にならない人には、それなりに面白いのかもしれんがな。

戻る