貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

フレフレ少女
監督:渡辺謙作
出演:新垣結衣/永山絢斗/柄本時生
2008年/日/114分/☆

批評 これは酷い

 野球部のエースに恋をした少女が、紆余曲折の末、応援団に入り、なぜか団長としてがんばって行く話。

 もはや欠点だらけ。
 主人公の少女が「小説好きの夢想的性格」を抜け出す過程がきちんと描かれていないし、恋に焦がれて恋気分が崩壊して行く様もやたらと唐突。
 なんの努力もせずにただ砕けているだけだし、そこから先に進むのも自分の意見を言えなかったからという消極的なもの。
 にもかかわらず、やたらと前向きな台詞がある等、心理変化はカット割と共にとでも言う気だろうか。
 意味が分からん。

 最後の応援シーンも、相変わらず黄色い甲高い声で騒いでいるだけにしか見えず、あまり特訓の成果が出ているように見えない。
 ただ声が大きくなっただけか?
 けどこれ、喉で出している声だよね。腹筋じゃなくて。

 この最後の応援シーンは、カメラワークや編集にも工夫が無いのが丸分かり。
 登場人物のまともな描写がないのに、登場人物のフラッシュカット入れって何を考えているのかさっぱり分からない。

 ただひたすらつまらない映画であった。

戻る