貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ラスベガスをぶっつぶせ
監督:ロバート・ルケティック
出演:ジム・スタージェス/ケイト・ボスワース/ローレンス・フィッシュバーン
2008年/米/122分/菊地浩司/☆☆☆☆

批評 人生は、金じゃない

 学費が足りずに進学不能になった天才学生に、教授が話を持ちかける。
 ベガスのカジノに行き、ブラックジャックで学費を稼げっ!!
 重要なのは、チームワークだっ!!

 ブラックジャックは、そのルール上、出た札をすべて記憶していると、高確率で勝てるという特性を持っている。(ディーラーがイカサマをしていないという絶対原則があるが、そこはさておこう)

 しかし、この映画ではその特性に関する説明がほとんど存在しない。
 そのため、このブラックジャックプレイシーンに、緊迫感が欠けてしまっている。
 ばれれば捕まる、極めて危険な行為であるにもかかわらず、だ。

 全体の作りは「金を手に入れ人間性を失う」物語の定番ではあるし、登場人物も特異的な人物は一人も出てこない。
 だが、絢爛豪華なラスベガスで大金持ちのふりをする生活と、地元での質素極まる生活、なによりも「ハデ」な仲間と「ジミ」な友達の間で揺れる組み立てで、しっかりと観客に映画を魅せてくれている。
 だからこそ、ブラックジャックの説明をしなかった (映像でそれをすることができなかったのかもしれないが) のは、残念だ。

戻る