貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

トリック 劇場版2
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵/阿部寛/片平なぎさ
2006年/日/111分/☆☆☆

批評 なぜ TV スペシャルでなく劇場版にしたの?

 これが劇場版である意味はどこにあるの!?
 という問題は、前作から引き続きである。

 編集も演出もカメラも、映画である必要性はあまり感じさせられない代物だ。
 TV スペシャルで良いと思うんですがね、この内容なら。

 それでもさすがというべきか、これまでの流れとはやや違う部分が入っている。


上田が依頼を受け、山田を巻き込んで出かける
事件に巻き込まれる
解決する


 という基本は同じだが、これまでは「移動した先は一つの地域」だったが、今回は、現場に移動し、また別の場所に移動するという二段構えになっている。
 しかも、予告編では、宗教団体の本部で事件がおきることのみ示唆されていて、そのあと、他の場所に移動する事は明かされていない。

 ちょっと凝った事をやっているな!?

戻る