貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

立喰師列伝
監督:押井守
出演:吉祥寺怪人/兵藤まこ/石川光久
2006年/日/104分/☆☆☆☆

批評 腹を抱えて大爆笑

 押井守「ミニパト」で行われたパタパタアニメーション。
 割り箸の先に画を付け、それに台詞をかぶせる。
 CG で画を加工し、単に割り箸の先に画を付けただけでは出来ない映像を組み立てる。

 そこに、(これはミニパトでも同じ事やっていたが) 押井守が得意とする圧倒的な蘊蓄台詞をかぶせ、観客を圧倒する。

 しかもその蘊蓄には、なんの意味もない。

 なんとくだらない。
 なんと馬鹿馬鹿しい。
 なんと素晴らしいっ!!!

 けどこれを指さして笑えるのは、その意味のない (架空の) 戦後史を語る蘊蓄を楽しめるかどうかにかかっていると言えよう。

 とりあず、「ぎゅうどん」と「ダ、ダブルバーガー、ハンドレット!!」、そして「チュカラッ!!」に大爆笑したんで、私としては満足であった。
 「赤い眼鏡」ネタが出てきたときも大笑いしたけどね。

戻る