貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

グエムル −漢江の怪物−
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル
2006年/韓/120分//?????

批評 なんじゃ、こりゃ?

 米軍のホルムアルデヒド不法投棄によって、ソウルのど真ん中を流れる漢江が汚染される。

 汚染された漢江から、ある日、異性物が出現。
 ソウル市民を貪り喰い始める。
 住民を殺すその怪物に娘を拉致された父親と、その父弟妹の四人は、娘奪還の戦いを開始するっ!!

 全体的に、「原子怪獣ニューヨークに現る」や、「ゴジラ」(54年版)、「ゴジラ」(84年版)、「ゴジラvsビオランテ」(物語の全体の流れは、「WX3 機動警察パトレイバー」よりも、よほどこっちに近いと思うのだが)、「大怪獣バラン」、「エイリアン2」(これもパクリの嵐じゃな  怪獣/猛獣映画を撮れば、そこらへんに行き着くのは必然だからだ。
 いちいち気にしていたら、怪獣映画、猛獣映画は見られん。

 問題は、物語だけ追うと、異性物 vs 家族の戦いを通して語られる、かなりブラックユーモアの効いた社会批判なのだが、その描写が、どこまでシリアスで、どこまでがギャグなのかがさっぱり分からんという点だ。

 どの位分からなかったのかというと、面白いのか面白くないのかさえもよく分からん程だった、とだけ、ここには記そう。
 なんだったのだろう。この映画は・・・

 ヒステリックにこの映画を批判している人は、全部判断できているのかね。
 判断出来ているなら、聞きたい事が山盛りあるのだが。

戻る