貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

武士の一分
監督:山田洋次
出演:木村拓哉/檀れい/笹野高史
2006年/日/121分/☆☆☆☆

批評 山田洋次は、上手い監督だなぁ

 江戸時代。
 藩主の毒味係の男が、毒に当たって失明。
 その弱みにつけ込んで、男の妻を手込めにした男がいた。
 ひとかどの侍を相手に、盲目の男が、決闘を挑む・・・

 山田洋次監督による、藤沢周平時代劇映画三部作の完結編。だ、そうな。
 三部作の前二作は作りが似ていたが、この作品はまるで異なる。

 前二作の主人公は、未婚の男で、思い人がいた。
 そして、上司からの命令で、持ちたくもない剣を持ち、人を切った。

 しかし本作の主人公は結婚している。
 そして彼は、夫婦愛を脅かす物に対する復讐心で剣を握り、自らの意志で人を斬る。
 主人公夫婦の会話で始まり、主人公夫婦の会話で終わることからも、この映画の主題が夫婦愛であることが分かる。

 代わり映えのない日常を徹底的に描写する事で、その、代わり映えのない日常こそ、守るべき重要な物であることを訴える。
 さすがは山田洋次。
 こういうのは、本当に上手いね。

戻る