貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

銀色の髪のアギト
監督:杉山慶一
出演:勝地涼/宮崎あおい/古手川祐子
2005年/日/95分/☆

批評 OP の曲は良かった

 浮気性の未来少年コナンが風の谷でスーパーサイヤ人になりつつ、ムスカ率いるトルメキア先遣隊と頭の悪いシータを取り合う話。
 途中で、多脚砲台やら大砲の街やらシベリア鉄道 (残念ながらオーバーマンは出てこない) やらが横槍をかます。

 上記ストーリープロットから分かるように、要するにパクリの嵐によって作られた作品。
 やややわらかい表現をしても、「二番煎じの塊」と言わざるを得ない。

 それでも、物語の運びをもっと上手くやっていればもっとまともに評価できたのだが、展開がいい加減すぎて、評価する気にもなれない。
 たとえば、主人公がヒロインを守ろうとする動機がわからない。

 このあたり、宮崎駿「天空の城ラピュタ」がベースになっていると思うのだが、「ラピュタ」では、親の無い二人の共感や、ラピュタを追うという共通のキーワードがあったりするが、この作品ではそうした動機付けが無い。
 別に彼女がいる (このあたりが"浮気性の"、という) ので、一目惚れという大技を使う (山賀博之「王立宇宙軍 オネアミスの翼」ではこれを使っていた。余談だが、それが、あの作品最大の弱みになってしまっていると思う) にも弱い。

 全編と押して、こうした緩く、突っ込みどころ満載の脚本と、どこかで見たことのある映像、それでも綺麗な映像がつらぬく作品であった。

戻る