貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

大停電の夜に
監督:源孝志
出演:豊川悦司/田口トモロヲ/原田知世
2005年/日/132分/☆☆☆

批評 あと二歩足りない

 プロデューサーが「これはファンタジーです」と力説するのも大納得。
 曇り空に天体望遠鏡を向け、大雪と満天の星空が共存するような物語に、リアリティを求めるのがおかしい。
 製作側が、リアリティを求めたと力説している場合は、その限りではないがな。

 話がそれた。

 クリスマスイブに訪れた大停電と、その大停電の中で「ちょっと人生の変わった」12人の物語。

 「大停電の起きた奇跡の夜」というシチュエーションを生かした個々の物語は、その完成度こそ格別の高さではないにせよ、良い話には違いなく、私の趣味ではあった。
 だがしかし、これは連作映画ではない。短編の連続上映でもない。
 一本の映画だ。
 で、あるならば、個々の物語は美しくかみ合ってこそ、その威力を発揮せねばならない。

 この映画に失敗した。

 人工衛星追跡マニアと、乳ガンの手術を控えた少女の物語は完全に浮いているし、他の物語もあまり美しくかみ合っているとは言えない。

 ここが綺麗に決まれば、傑作になった可能性を感じさせるだけに非情に惜しい。
 水準以上の出来なだけになおさら惜しい。

戻る